乙女の倉敷・尾道・しまなみ海道**cimai tabi**vol.2
b0137630_2162568.jpg
いよいよ、第一目的地倉敷へ。

この旅の途中、何度も何度も痛感したことが
「東京とは違う!」という当たり前のこと。
特に交通。電車やバスとか一本逃しても、
次のが 数分で来るところで暮らしている感覚の頭では、
次のバスまで「40分」とか結構ありえないのよねぇ。。


まずはチェックインしに、ホテルへ向かいます。
今回のお宿は「倉敷アイビースクエア」です!

蔦が見事!
お部屋からも蔦が見え、下には川?が。

まぁまぁ、ホテル散策は後にして倉敷の美観地区に繰り出しましょう~




b0137630_2133855.jpg

倉敷の街ではまだ、あちこちに七夕飾りがあり 風情がありました


ぶらぶら~として、お腹もペコペコだし!
ランチにしましょう~ってことで、目につく看板で「うどん」が多いことを発見。
四国も関西も近いし、うどんが有名なのかなぁと適当な考えな二人。
たまたま通りかかったお店でランチにしましょう

コシがあってうまいー!
おだしはやはり関西系ね。
セットでこれまた名物「ままかり」のお寿司付き。
魚介類が苦手なイモウトとの旅、お魚のお店に入れないと思っていたから
丁度よかった~
b0137630_2139427.jpg

b0137630_21401935.jpg

ままかり(飯借り)は「隣の家から飯を借りてこなければならないほど旨い」ことから
この名が付いたそうですが・・
飯を借りるほどベラボーにウマイ!ってほどではなかったなぁ。
美味しかったけどね、こっちで言うコハダみたいなものなのね。ふーん
身がしっかりして食べごたえはあり、そしてさっぱりとしててこの季節にはピッタリ。

お店のメニューにうどんのほかに備讃料理と書いてあったので、調べてみると
「備讃瀬戸(びさんせと)は瀬戸内海のうち岡山県と香川県の間の海域の名称」
なーるほど、だからうどんが讃岐うどんのようだったのね!
(後で調べたらやはり香川のお店だったようです・・)

外国人のお客様もいましたよ
庭園を望めるお部屋もあるみたい。

ごちそうさまでした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・b0137630_2136932.jpgかな泉
岡山県倉敷市本町8-33
Tel(086)421-7254
● 定休日・毎週月曜日
● 営業時間
10:30~20:00
(ラストオーダー19:30)
● 席数/94席


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて。
お腹もいっぱいになったことだし、街歩き再開しますか!




b0137630_2151990.gif1枚目 ASAHI PENTAX SP
     (AGFA 400)

[PR]
by megccoo | 2009-07-20 21:46 | 乙女の旅手帖
<< **photo's** 乙女の倉敷・尾道・しまなみ海道... >>