憧れのあのシナモンロール
5月のある日、吉祥寺のgallery feveで行われていた
アンネ・ヴァスコ + 福田利之「2人展」を観にいきました

アンネ・ヴァスコさんはフィンランドで活躍されている作家さん。
福田利之さんはスピッツのジャケをやったりとこれまた人気のイラストレーター。
二人の共通点はフィンランド!引き合わせたのも、あのかもめ食堂のプロデューサー
森下圭子さんなの(詳しくは ほぼ日で→

b0137630_1749351.jpg


その2人展に伴い、期間限定でフィンランド・・と言えば、かもめ食堂!
でおなじみ、フードスタイリストの飯島奈美さんの食堂が、
同じく吉祥寺のロカリテでOPENしていました。





全日、要予約なのは知っていたけれど、その時は対して気にもとめず
予約しなかったのがあとになって後悔!

あの飯島さんのごはんをご本人が作られているのを食べられるなんて!
貴重なことなのよね。
でも、テイクアウトはOKとのことで寄ったの。

テイクアウトのメニューは限られていて残念なことにシナモンロールはダメ・・
キャラリー・フェブと同じ建物の地下にあるお店『ダンディゾン』では展覧会期間中
飯島さんレシピ「かもめ食堂のシナモンロール」を販売だったのだけれど、
これも売り切れで買えず。
(タイトルに「憧れの・・・」ってしてるくせに、食べれず・・!)
b0137630_17492622.jpg
↑ 番号札も福田さんのイラストでステキなのー!(裏)

で、バナナケーキと飲みものを。
b0137630_17493297.jpg

実はこういうパウンドケーキとかってあんまり好きじゃないんだけど、
このバナナケーキ、すごい美味しかった!
たかが、バナナケーキでもこうも違うとは、びっくり。
ずっしりと重いのにすいすい入っちゃう口当たり。
甘さも丁度よくて白ゴマがいい具合にきいてた。
あんまりお腹すいてなかったのにペロリ。
b0137630_17375735.jpg

飲みものも飯島さんオリジナルで柚子ラッシーに、アーモンドレモネード。
アーモンドレモネードは何だか不思議な味なのに(笑)おいしい!
アーモンドシロップの風味がちょっと杏仁豆腐みたな感じなのかな。


実は・・お店には、なんと片桐はいりさんが!!
その前には飯島さんもいらっしゃるし、いもうととテンションあがっちゃったー。
目の前で飯島さんのお仕事を観たら納得、本当に美味しいものを作りそうな手と、
体中からそのオーラが出てたよ。
生でお見かけした片桐はいりさんもとてもステキな方で、
きゃっきゃしてて、振る舞いも乙女だったなぁ。
ツイッターなんか見てたら、違う日には小林聡美さんも、もたいまさこさんに
監督の荻上さんもいらしたみたい。
もうーリアルかもめ食堂!

次回またこういう機会があったら予約必須ね!

[PR]
by megccoo | 2011-05-24 17:35 | おやつの時間
<< 強行弾丸一人旅! カマクラブラリ >>