デンマークから届いた 小さな愛 kawaii
b0137630_10415275.jpg
クリスマス・シールは、1904年、デンマークの郵便局員であった
エイナー・ホルブル氏のアイデアで印刷が始まりました。







それは、クリスマスカードなどに貼る素敵なシールを販売し、
その収益金で、結核で苦しむ子ども達の為の療養所を建てよう!というものでした。
それから毎年、クリスマスシーズンになると、
素敵なデザインのクリスマスシールが郵便局で発売されています

その後、アメリカの赤十字社社員がデンマークのシール運動に共感し、
自らもシールを制作、今では世界的規模の募金活動となった複十字シール運動へと
発展し、現在では世界約80カ国でおこなわれているそう。


現在、青山ブックセンター本店内・ギャラリーで
「デンマークから届いた クリスマス・シール展」が開催中。
・・なので!早速行ってきました!

ひとめでとりこに!

約30点ほどの額装された クリスマスシールが展示販売されていました。
そのほかバラやシートでも販売。
b0137630_13235314.jpg

さすがに古いものは値がはるので・・
数点だけ購入。ホントは全部欲しい!
b0137630_1181595.jpgb0137630_1182525.jpg

b0137630_1185276.jpgb0137630_13263649.jpg

1951年以降はシート全体を、1デザインとして作成されています
そう思うと、せっかくシートで買っても使えません・・だってかわいいんだもの!
(1998年の音符♪のは一シートでデンマークの古い歌になっているの!)

北欧らしい、色味が多く 全体を見ても ハデなものはなくてシックで
その一つひとつが、いちいち かわいい。
複十字シールは、結核予防運動の世界共通シンボルマークである
複十字(Double-Barred Cross)がデザインの一部に必ず入っているけれど、
デンマークのクリスマスシールは、Double-Barred Crossは必要ではないようで、
そのぶんデザインは自由がきくのかしら

ずらーーと並んだ、バラ売り、ちょうど欲しかった1973年のだけ
4枚セットのは売り切れ!
ねこ好きさんのクリスマスギフトにしようと思ったのに・・
b0137630_11101767.jpg

思わず、シート買い。むふふ
(ないものは取り寄せもできるそう。)

さてさて、大興奮で買ったものの かわいすぎて使えないなぁ・・

かわいさだけでなく、この小さな紙には 願いや愛がこめられているんだと思うと
尚一層ステキに思えるわね


Glædelig jul!



デンマークから届いたクリスマス・シール展
青山ブックセンター本店内・ギャラリー
開催中~2010年1月6日(水)
10:00~22:00(最終日は19:00まで)

※12月31日~1月3日は休業


☆このクリスマスシールを考えた、エイナー・ホルブル氏は、1927年逝去されました。
 1927年のクリスマス・シールのモチーフは、彼の功績を称え、
 彼の肖像画が採用されました。

[PR]
by megccoo | 2009-12-19 13:31 | bungu/zakka/garakuta
<< Joyeux Noël ! 北の国から >>